So-net無料ブログ作成

7月の散歩道でシャッター/動物 [散歩]

8月5日(火)

横浜地方気象台の8/5時点で生物季節観測の対象の動物は,「にいにいぜみ-初鳴-7/3」,「ひぐらし-初鳴-7/20」,「みんみんぜみ-初鳴-7/16」,「あぶらぜみ-初鳴-7/25」,「しおからとんぼ-初見-7/15」,「つくつくほうし-初鳴-7/27」と観測されている。ヒグラシとツクツクホウシは7月中に鳴き声も,そして見ることもできなかった。
モンシロチョウは,昨春先より昨年11月まで長期にわたって見かけたが12月,1月,2月と見かけず,しかし3/28に初見となる。見られなくなるまで毎月撮影予定。3月,4月,5月,6月,そしてこの7月と見かけることができた。
P1080107.JPG
7/11撮影
コスモスのモンシロチョウ
*交尾中。
雌雄どちらですかね。

















DSC01458.JPG
7/21撮影
シオカラトンボ
*カメラに収めることが出来なかったが,私は散歩道で6/25に初見をしている。それにしても昨年も今年も今のところシオカラトンボの♀であるムギワラトンボを見ることができていない。













DSC01485.JPG
7/21撮影
キリギリスの♂(産卵管がない)
*後肢の腿節が前翅より長いのでキリギリスと思われる。

















P1080248.JPG
7/25撮影
アブラゼミ
*雌雄の判別方法があるのでしょうか?
アブラゼミは他のセミと違い翅が半透明でなく茶色の為鳴いていなくてもすぐに発見できますね。














P1080254.JPG
7/25撮影
ニイニイゼミ
*鳴いているとき撮影したので♂。
鳴いていないと木の幹に対して見事な保護色となりなかなか分かりづらいですね。
















P1080335.JPG
7/28撮影
ミンミンゼミ



















P1080340.JPG
7/28撮影
クルマバッタモドキ




















アブラゼミの羽化
これは散歩道でなく家庭菜園のミニトマトの葉で羽化しているところです。
P1080269.JPG
7/26午前7時撮影
*地上1mのところで羽化したところです。


























P1080286.JPG
7/26午後12時撮影
*大分茶色になっている。



























P1080289.JPG
7/26午後2時撮影
*脱殻より8cm位上に移動していた。


























P1080295.JPG
7/26午後2時撮影
*午後2時で気温も高いが,直射日光をトマトの葉で上手に避けている。


























P1080301.JPG
7/26午後4時撮影
*2時間前と同じ場所にいる。午後6時でも同じ場所にいた。翌朝午前7時に確認したら既にいなかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この週(7/30~8/5)の夏野菜の菜園カレンダー(トマト,キュウリ,ナス,ミニトマト) [家庭菜園]

8月5日(火)

8/5で定植後95日目

キュウリハウス3号:この週の収穫0本/累計66本---昨年の累計実績79本(最終収穫日8/21)(但しハウス2号)
キュウリ夏すずみ:この週の収穫(8/5)1本/累計54本---昨年の累計実績57本(最終収穫日8/6)
ナス黒陽:この週の収穫0本/累計11本---昨年の累計実績18本(最終収穫日9/9)
ナス水ナス:この週の収穫0本/累計5本---昨年は栽培せず。
トマトミニキャロル2株:この週の収穫90個/累計152個---昨年の累計実績1333本(最終収穫日9/8)


トマトホーム桃太郎収穫終了
トマトホーム桃太郎EX8株:この週の収穫(7/31)1個で収穫終了/累計58個---昨年の累計実績71個(最終収穫日8/14)
内訳累計トマトホーム桃太郎EX:A株4/4個,B株5+2/7個,C株5/6個,D株7+2/7個,E株10/11個,F株6/5個,G株11+1/12個,H株10+3/12個
※分子は収穫済,分母は当初の収穫予定数。※分子の+数字は虫食い等で落下の数で収穫対象外。
※D,G,Hの3株は2本仕立てで28個収穫のため1株当たり9.3個の収穫,他の5株は30個のため1株当たり6個の収穫となり2本仕立ての方が3個多く収穫できたとなるが,サンプル数が少ないので参考値とする。

⦿トマトホーム桃太郎EXの5株は1本仕立て,3株は2本仕立てとする。
⦿ミニトマトミニキャロルの2株は脇芽は取らず放任する。
⦿ナスの2株とも主枝と草勢の良い脇芽を2本伸ばして3本仕立てとするが,当面は脇芽は放任して込み合ったら適宜整枝する。
7/1以後:トマトホーム桃太郎EXの高さが180cmを超えたら180cmで摘芯する。
6/10以後:トマトトーンを散布せず。
6/3以後:キュウリの2株とも6~9節の子蔓は1又は2葉残して摘芯,10節以上の子蔓は摘芯せず放任する。
5/21以後:トマトホーム桃太郎EXの脇芽は適宜取る。
5/21以後:トマト・キュウリ・ナスの伸びる茎は適宜支柱に結ぶ。
8/3---トマトホーム桃太郎EXの8株全てを撤去する。
8/3---ナスの黒陽と水ナスの草勢のよい枝を3~4本を残し,その他の枝は取り除く。
P1080394.JPG
ホーム桃太郎EXの8株は撤去する。



















DSC01534.JPG
8/2収穫・撮影
ミニトマトミニキャロル
*34個298g
タグ:夏野菜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。