So-net無料ブログ作成

1/13どんど焼き [思い出]

1月13日(月)

一般的には1/14または1/15に小正月行事として,お正月飾り等を納めて焚いて子孫繁栄,五穀豊穣,無病息災,家内安全,商売繁盛等を祈るとのこと。
この写真は,1/11に子之八幡社の境内で実施されており,当地の町内会の「はっぴ」を着た年配の方が中心になって実施していた。子供の姿は見かけなかった。
横浜市の条例では,{例外的に屋外燃焼行為が認められている場合の中に,「地域的習慣による催し又は宗教上の儀式行事に伴う燃焼行為(どんど焼きetc,ただし合成樹脂や油脂類等の燃焼は禁止)」とあるが,近隣住民から苦情が寄せられるような場合は,指導の対象になる}とあり,今後益々実施が少なくなる方向ですね。
子供の頃に,家に飾っておいた木の枝の先に刺した紅白の団子をどんど焼きの残り火で焼いて食べた思い出がある。神社などの場所でなく父の実家の空き地で父の実家の人と私の家族だけで,町内会とか子供会とか近所の人はいなかったと記憶しているが。お正月飾りを焼く,青竹等でやぐらを組んで藁等を詰め込んで焚く,等に関しては全く記憶がない。
P1050261.JPG
1/11撮影
*子之八幡社の境内
*燃えカスが空高く舞い上がっていた。


























P1050264.JPG
1/11撮影
*子之八幡社の境内
*赤・白・緑の団子にミカン(橙の代用?)が枝先に刺さっている。


タグ:どんど焼き
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。