So-net無料ブログ作成

9/20大畑崎の磯に2人釣行/3度目のアベックホームラン [釣]

9月20日(金)

間口=日没/17:41 大潮 満潮/17:06 干潮/23:09
大畑崎海水温度=27.0℃(前回9/13=28.5℃より1.5℃下降)
実釣開始/18:10 実釣終了/22:00
対象魚/メバルとメジナ(1年中)
釣り方/リチウム電子ウキによる夜釣り
餌/青イソメ-60g
コマセ/原則的に1年中使用せず
釣果/メジナ1匹27cm(21:00ゲット)
兄の釣果/メバル1匹24cm(18:30ゲット)メジナ1匹32cm(20:52ゲット)メジナ1匹28cm(21:00ゲット)
天気/晴
風(剣崎実測値)/18:00南6m 19:00南6m 20:00南南西6m 21:00南南西3m 22:00南西4m
三浦の過去天気(日本気象協会)/18:00南3m 気温24.2℃ 19:00南3m 気温24.0℃ 20:00南南西2m 気温23.4℃ 21:00南南西2m 気温23.2℃ 22:00南南西2m 気温22.6℃

兄との釣行。
家を出る時の気温は,28℃で前回9/13=31℃より3℃低かった。
津久井浜海岸付近で風の実測値を確認したところ16:30時点で南7m,房総半島は多少霞んでぼんやりと見え,午後より風速約4mと弱かった為海面は穏やかだった。
目的のポイントに行くまでに潮の流れが淀むような一部の波打ち際に沿って数10センチ幅の帯状に真っ赤な様な真っ茶色の赤潮が発生していた,しかしその数10センチ幅以外は赤潮は見られなかった。赤潮が発生していると普通なら津久井浜海岸・三浦海岸付近で確認できるのだが,今日は発生しているように感じられなかった。
また先日9/16の台風18号で岩が大分岸に打ち上げられており,瓶・缶・ペットボトルなどのゴミは更に奥の所まで打ち上げられていた。また私達の足音に驚いていつも海側でなく山側に逃げる赤い蟹が転々と死んでいた,台風の波浪で溺死??あるいは赤潮で酸欠死??
目的のポイントに行くまでに,何箇所かのポイントがあるのだが今日は釣り人がいなかった。
実釣開始頃は風が6m位あり気温も低かったので虫除けスプレーは使用しなかった。
今日は大潮で実釣後半より潮位がかなり下がり根掛かりする為いつものポイントより右側に釣座を移動した。
いつもなら実釣開始後フグの餌取りがあるが今日は全くといっていいほど餌取りがない。暫くして兄がこちらの方に移動してきて,やはり兄のポイントも餌取りが全くないとのこと。兄が釣に影響のない場所で海面を確認したところ赤潮が発生しているとのことで餌取りが無いもの納得できた。兄は既に良型のメバルをゲットしたとのこと,暫くして元のポイントに戻った。
こんな厳しい状況の中,20:52に兄より携帯に呼び出しがあり,まさかのメジナをゲットしたとのこと。この一報で俄然やる気が戻った。そしてようやく私にも当たりがありゴボウ抜きしたのは足裏サイズの27cmのメジナであった。兄に携帯で連絡を入れると兄も丁度今28cmのメジナをゲットしたとのこと。これは時合いと思い竿を振り続けたが残念ながらこのまま実釣終了。
今日も青イソメ60g購入したが,8匹余ったので海に帰した。
大畑崎に来てから今シーズンで3回目のアベックホームランを打つことが出来ホットした。
私は5連敗を阻止できた。兄も連敗を阻止できた。
赤潮でも釣になるんですね。
IMG_09060001.JPG
メジナ27cm-356g

















IMG_09080001.JPG
兄の釣果
メジナ28cm
32cm
メバル
24cm


タグ:夜釣り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。